CAOS----Twingle, Entangle and Wave
 
 

#1
#1

press to zoom
#2
#2

press to zoom
#5
#5

press to zoom
#1
#1

press to zoom
1/5

 Twine, Entangle and Wave

 

    This project consists of pictures of riverbeds in Tokyo. I was born and bred by the river and rivers are familiar sites for me.  I find that the sights of trees and plants tangled with one another in tall seasons are truly breathtaking. Despite the harsh environments and the waters sometimes submerging the riverbeds, they maintain their natural state as sanctuaries. 

 

    I feel that the sights help me recall the sensitivity that I tend to lose in daily life. The emotions that were long lost in the back of my memories resurface in those unspecified images that belong to no particular time or place. The occasional ripples on the peaceful surface of the river overlap with the movement of my unidentified emotions. These are the scenes from my childhood that I fondly remember.  

 

 

これらの作品は、主として東京の河川敷を撮影したものである。

 

 川は私にとって生まれ育ったなじみの深い場所である。秋から夏にかけての時期、草木がたくましく互いに絡まり合いもつれ合う様子は、ひときわ美しい。時に冠水するなど厳しい環境にさらされながらも、サンクチュアリのように自然の姿を保っている。

 

 そこでは、樹木の葉の1枚1枚、草の1本1本が互いに巧まざるかたちで絡まり、縺れあいながら、驚くべき調和をもって現れてくる。私には、それが自然そのものの秘密を惜しげもなく明かしているように思えてならない。乱雑に育つ植栽であっても、成長し、あるいは枯れていく姿が幾重にも重なって、循環する生命の響き合う様子が感じられる。

 

 例えれば、静かな川面がふとした拍子に波立つとき、私のなかで名付けられる以前の混沌とした感情が揺らめくように、奥深い原始の生命力に包まれていくのである。